2005-12-26

モルディブマクヌドゥ9 最終

interconsinga0924

実は日本を出る時、帰りのホテルは予約していませんでした。
行きにチャンギ空港からネットで予約をし、以前に宿泊したことがある
インターコンチネンタルホテルに決めたのですが、これが大正解でした。

モルディブのマーレを23時15分に発ち、シンガポール到着は朝の7時、
疲れていたのでタクシーでまっすぐホテルへ向かうとまだ8時過ぎでした。
チェックインは12時からなので、部屋を用意してくれるかどうか心配でしたが
そこはさすがにインターコンチ、暖かい笑顔と共にルームキーを渡してくれました!
前日遅くまで海で遊んで機中で夜を過ごし、くたくただった私達に今一番必要なのは
熱いシャワーとベッドです。
おかげで朝からふかふかのベッドで睡眠をとることができて疲れもすっかり取れ、
その後はプールで過ごしたり、夕刻からショッピングや夕食に出かけ、おまけに
ホテルラウンジでジャズライブも聴けて、1日とても有意義に過ごせました。

さらにもうひとつうれしいことが。
翌朝はフライトの関係でホテルを5時には出なければならず、
朝食をあきらめていたのですが、チェックインの際たずねると、
コンチネンタルであればルームサービスができるとのことでした。
ルームサービスカードには6時から受け付けとなっていたので、疑心暗鬼でしたが
特別リクエストの「4時半」と書き込んで、寝る前にバトラーを呼んで渡しました。

すると翌朝、同じバトラーさんがちゃーんと時間通りに運んで来てくださいました。
わずか3時間の睡眠で寝ぼけ眼でしたが、熱々のコーヒーの香りで目が覚め、
温めたミルク、焼きたてのクロワッサンと数種類のジャム、フレッシュジュース、、
コンチネンタルとはいえ充分な量で、なによりほかほかの朝食が幸せです。
これが宿泊料に含まれていると思うと、今まであきらめていたのがもったいないと
思いました。
一流といわれるホテルで良いサービスを受けるのは当然のことかもしれませんが、
インターコンチネンタルのホスピタリティにはいつもそれ以上の心地よさがあります。
おかげで最後まで気持ちよく過ごすことができ、今回のモルディブの旅が
さらに素敵な思い出となりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-21

モルディブ マクヌドゥ8 離島

makunudu0923

楽しかったマクヌドゥでの日々もあっという間に過ぎ去り
6日分の日焼けをお土産に島を離れる時が来た。
スピードボートに乗りこんで遠くなってゆく島を振り返ると
虫除けに焚いた煙が、見送りの狼煙のように立ち昇り、なんだか切なかった。

さようなら、マクヌドゥ。

帰りはシンガポール航空で夜中のフライト。
マーレで待ち時間の間中、たたきつけるような雨が空港の屋根を打ちならす。
リゾートでは雨期にもかかわらずお日様に恵まれていたのに、今夜は大嵐。

さようなら、モルディブ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-17

モルディブ マクヌドゥ7 マリンスポーツ

tr_mal_windsurfing

マクヌドゥはマリンスポーツも盛んです。
水中マスクとフィンは滞在中無料で貸してくれます。
また、体験ダイビングとウィンドサーフィン、カタマランも無料です。
体験ダイビングは、Cカードを持たないノンダイバーが参加できるもので
毎日ハウスリーフで講習を受けながら潜る姿を見ました。

私は一応ウィンドサーファーなので、毎日ギアをレンタルしていました。
2日目からはマリンスポーツスタッフも、黙っていてもセットしてくれて
すっかり顔なじみになりました。
青い珊瑚礁の上を走るウィンドサーフィンは最高です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-10-10

モルディブ マクヌドゥ6 エクスカーション

tr_mal_fish

マクヌドゥではいろいろなエクスカーションが用意されていて、
ほとんどが無料で楽しめます。
そのひとつナイトフィッシングに参加しました。
月曜と金曜の夕方6時から、ドーニで近場のポイントまで行き、
サンセットを眺めながら潮風に吹かれて魚釣りをします。

tr_mal_fishing1
釣りの方法は「手ぐす」。
太いはりのついた釣り糸を底まで落とし、アタリがあったら手でたぐりよせます。
最初はユタカハタの赤ちゃんを釣り上げてしまったり、
かと思えば珊瑚を引き上げてしまったり、
なかなかうまくいきませんでした。
慣れてくると、こんな魚を釣り上げられます。

やった〜、ヒメフエダイです。
魚のアタリを釣り糸からダイレクトに感じるので、かなり楽しいです。

tr_mal_fishing2
これはボートに乗っていたゲストみんなで釣り上げた魚です。
一番上の真ん中に写っているのが私の釣り上げたヒメフエダイ。

$6の調理フィーを払うと、レストランで料理してくれるので、
翌日のランチは、自分で釣った魚のグリルをいただきました。
ガーリックオイルで焼き上げてあります。
しこしこシャキシャキ、身が締まって歯ごたえのある食感。
自分で釣った魚って、楽しくて美味しくて最高です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)