2005-10-08

モルディブ マクヌドゥ5 海の様子

tr_mal_seaside

島はラグーンに囲まれていますが、南側は50mも泳ぐとドロップオフになります。
ラグーンには珊瑚の塊があって、体長80cmくらいのナポレオンの子供に会いました。
すぐ近くでは、同じくらいのゴマモンガラが珊瑚に頭を突っ込んで囓っています。

tr_mal_sea1
ヴィラの前から、ラグーン〜ドロップオフ〜ドロップオフ沿いに島を一周しました。

tr_mal_robster
珊瑚の穴にはロブスターもいます。こんな浅瀬に!美味しそう。
ドロップオフまで行くと、こんどは大きなカメがお出迎え。
珊瑚に顔を突っ込んで食事中、こちらのことは意に介さず、逃げようともしません。
そうこうしていると背後から黒いサメが通り抜けて行ったりと、ワイルドな海。
他にも、80cmのカスミアジやエイなどがシュノーケルで普通に見られます。

tr_mal_yosujifuedai
毎日潜っても飽きないモルディブの海。
特に最終日に会えたこの子、ムスジコショウダイの幼魚が忘れられません。
成魚は縞々模様ですが、赤ちゃんはこんな柄で、顔のさきっぽに斑点があります。
瞳が黒目がちで、泳ぎもふにゃふにゃあやうい感じ。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2005-10-04

モルディブ マクヌドゥ4 サンセット

tr__mal_rainbow

見たことがありますか、
サンセットの後の虹を。
西の空に落ちていく夕日を眺め、お陽さまにさよならした後、振り返ると
東の空に、虹がでていました。
生まれたばかりの夜空にオーロラのように輝く虹。
夢の中にいるようでした。


tr_mal_sunset


| | コメント (6) | トラックバック (1)

モルディブ マクヌドゥ3 島の様子

tr_mal_villa

マクヌドゥは、波打ち際沿いを歩いてまわっても10分かからないほど、ちいさい島。
そこに36のヴィラがビーチサイドに点在しています。
木を切らないポリシーのためか、ヴィラはみんな木立に覆われていてナチュラルです。
他にはレストラン、バー、ウォータースポーツセンター、ダイビングセンターがあります。

島の中を歩くといろいろな生き物たちに出会います。

tr_mal_tokage2
朝食の時、テーブル前に挨拶に来たトカゲ君です。
近くへ行っても逃げずにカメラ目線で応えてくれます。
ヴィラの前でもよく見かけました。


tr_mal_sagi
モルディブでよく見かけるサギです。
マクヌドゥでは、つがいらしい2羽がいました。
そして一度よちよち歩きの赤ちゃんサギにも会いました。
ぴょんぴょん跳ねておぼつかない足取りが、たまらなくキュート。
カメラがなかったので撮影できなかったのが残念。

tr_mal_whitechip
桟橋近くの波打ち際には、ホワイトチップの子供がいつも群で泳いでいました。
8〜9匹くらいはいたと思います。
時々泊まっているヴィラの前にも遊びにきました。


朝、部屋の前でパンの耳を魚にむかって投げていたら、足元に大きな白いウツボが。
弱って打ち上げられたのかと思ったのですが、波が寄せても海に戻ろうとしません。
まさかと思って、持っていたパンを落としてみると、、、むしゃむしゃ
食べる元気はあるのかな、もう一度、、、むしゃむしゃ
つるんとした躯と鋭そうな牙の口ですが、眼が可愛い(^o^)
まあるい頭を思わずナデナデしたくなります。
写真を撮ろうとしたらダンナが「弱っているのに撮るなんて可哀想」というので
断念。
パンがなくなるとしばらくして海に戻っていきました。
弱っていたわけではなさそうです(^o^)

海に入らなくても、いろんな生き物たちが遊んでくれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-09-30

モルディブ マクヌドゥ2 シンガポールトランジット

tr_malion01

旅行ではシンガポール経由のことが多いのですが、空港内から出たのは久しぶりです。
せっかくなのでフラトン・ホテルの前にお引っ越ししたマーライオンを観てきました。
後ろのギザギザの建物は「ドリアン」の通称で親しまれている、エスプラネードシアター・オン・ザ・ベイ。
エスプラネードシアターのテラスからの眺めもなかなかです。


tr_malion02


マーライオンの後ろには、ちっちゃい「小マーライオン」がいます。
水はちょろちょろですが、顔はしっかりライオンしてますね。
この日は目の前でパワーボートレースが開催されていて、とても賑わっていました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-09-27

モルディブ マクヌドゥ1 帰ってきました

tr_mal01

これがモルディブの北マーレ環礁にある、マクヌドゥ・アイランドです。
自然に配慮したナチュラルなリゾート。
水コテもプールもスパもない、開発の際椰子の木は一本も切らなかったそうです。
椰子の茅葺き屋根のヴィラには、部屋の中に椰子の木が貫通していました。
自然にたいする尊敬と感謝の上に、ちょっと寝泊まりさせてもらったような気分です。
そのおかげで、美しい水辺を歩けば魚たちが集まってきて、
木陰にはいつも涼やかな風が流れていました。

そして自然がすばらしいだけでなく、ここのリゾートはお料理が美味しい。
これら全てが、私のリゾート選びの条件にぴったりでした。
少しずつ、旅の報告をしていきたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005-09-14

モルディブ マクヌドゥへ

b-026

今週の土曜日から、遅い夏休みを取って、25日まで
モルディブのマクヌドゥ・アイランド・リゾートへ行ってきます。
モルディブは3度目、4年9ヶ月ぶりです。
津波の影響が気になっていましたが、今はすっかり元通りとのこと。
久しぶりのモル帰省、今からすごく楽しみです。

仕事が佳境で、土曜日までに終わるかどうか毎日気が気ではありませんが
あの楽園が待っていると思うと、120%の力がでるから不思議です。


| | コメント (8) | トラックバック (0)